借地権の相続税評価について

朝食と女性建物を所有することを目的とする地上権や土地賃借権などを借地権といいますが、この権利は被相続人が亡くなった場合には相続人に対する相続財産となります。相続をする際に地主の承諾や契約の変更や更新などは必要ではありませんし、建物の所有権のように変更登記をする必要もありません。
相続財産ということは当然相続税の課税対象となります。なぜ借りているものに対して税金が取られるのでしょうか。
相続税評価額の算出方法は、自用地としての評価額に路線価図に記載されている割合を掛けて求めることが出来ます。自用地としての評価額とは土地の更地としての評価額のことです。路線価図に記載されている割合は、国税局が地域ごとに定めたもので地価の高い地域ほど割合も高くなります。この借地人の権利の割合は土地の所有権の評価額の割合よりも大きいです。なぜならば借地人はこの土地を半永久的に使用できるため、土地を所有しているのと同等の意味があるためです。そのため借地人の利益の方が大きいため権利の割合も大きくなります。
このように単に借りているものに対して相続税がかかることに不満を感じるかもしれませんが、土地の所有者よりも大きな権利を借地人は持っていますので課税対象になることも致し方ありません。